福岡市東区 歯周病治療、審美歯科、インプラント、咬合治療、口腔外科の雑賀歯科医院


秋バテを防ぐ

2019-10-22

秋バテを防ぐ
秋バテを防ぐ2019年10月21日付の毎日新聞が、鎌田實先生の秋バテを防ぐ5つの行動を紹介していました。
厳しい夏の暑さが一段落し、「食欲の秋」「スポーツの秋」がやってきました。なのに、なんとなくやる気が出ない、いつまでも疲れが残つているといった、気温の差に体が対応しきれていない状態は、”夏バテ”ではなく”秋バテ“です。

夏から秋への季節の変わり目は、朝スッキリ起きられない、体がだるい、食欲がない、といった症状が起こりがちです。
これらの症状は自律神経の乱れによって生じると考えられています。こうした秋バテを解消するには、ぬるめのお風呂にゆっくり入って、しっかり眠り、体を休めることが大切。
そのうえで、バテない体づくり 「五つのポイント」を始めてみようと鎌田先生はいっています。


秋バテを防ぐ 「秋バテを放っておくと、活動量も減っていくので、年齢バテを促進してしまう。年齢バテ、つまりフレイル、虚弱だ。特に高齢者はフレイルにならないように、この秋も元気に動ける体づくりを心がけたい。」
と鎌田先生は述べていました。

配信 Willmake143

Copyright(c) 2012 SAIKA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.